奄美大島のダイビングサービス・ティーダ

奄美大島の海でダイビングライセンス(PADI・Cカード)を取得しませんか?

ライセンス講習

Cカード・ライセンス講習

世界最大の教育機関PADIが発行するライセンス、世界中の海が貴方を待っています
専門的な知識を勉強して「本格的なダイビングを始めてみよう」と思う人を応援します!
海洋生物の楽園、奄美大島の海でCカード・ライセンス講習を受講しませんか?
他団体からのライセンス・クロスオーバーも可能ですので気軽にご相談下さい
Cカードとは、ダイビング指導団体が発行する認定ライセンス「Certification-Card」の略です

ライセンスって必要なの?

日本においてスキューバダイビングを行う場合、法的に絶対必要なわけではありません。 ▼ダイビングライセンスについて読んでみる▼ 個人が単独で行うケースに限れば「器材を使って海に潜る事」を制限する法律が存在しない為です。
しかしスキューバダイビングを行う際にはダイビング器材はもちろんの事、ポイントへ向かう為の船舶や現地でのガイドなど、個人レベルで全てをまかなうには相当の出費や維持費が必要となります。
そこで我々ダイビングショップがそれらのサービスを提供する事となりますが、ダイビングの技能や知識・経験が無い人にまで無制限でサービスを提供するのは、ともすれば悲しい事故を誘発する無責任な行為と言えます。

そこでダイビング指導団体の監修下において、インストラクター指導により技能や知識を習得して頂き、その度合いに応じたライセンスを発行し証明する現在の制度が出来あがりました。
ダイビングショップではサービスの提供にあたり、ライセンスを提示して頂く事でゲストの方の習熟度を知り、それに合わせたガイド・ダイビングを双方が安心して行える様になっています。
その為、法的に問題は無くともライセンス無しでダイビングショップのサービス提供を受ける事は事実上不可能とも言え、ライセンスの取得はファンダイビングに必須となっています。
(体験ダイビングは浅い海中をインストラクター主導で行うのでライセンス不要となっています)
また海外においては法的にライセンスを必須としている国もありますので、せっかく出かけた海外で残念な思いをしない為にもライセンス取得は有意・得策であると考えます。

ココが安心!ココが便利!
ティーダのCカード・ライセンス講習

オープンウォーターダイバー・コース

オープンウォーターダイバー・ライセンス
ライセンスをお持ちでない方は、まずこのコースから。
本格的なダイビングへの第一歩です。

○最短2泊3日での取得可能(自宅での学科の予習が重要です)
○水着やバスタオルなど、海水浴の準備でOK
○器材レンタルが無料です

ダイビング器材一式
○学科5セッション、プール5セッション、海洋実習4ダイブで認定カードを取得
○15歳以上(ジュニア・オープンは10歳以上)の健康な方なら誰でも取得可能
○認定時に3cm×4cmの証明写真が必要です

ティーダのオープンウォーターダイバー・コースに含まれるもの

教材費・指導料・ライセンス申請料・保険・ドリンク
更に上記のセットに加え、ダイビングに必要な器材一式を無料でレンタル!
受講料にはライセンス取得に必要な全てがパッケージされています。
コース終了後、希望者には1ボートダイブを無料サービス!
取得と同時に奄美大島の海で本格的なダイビングをお楽しみ頂けます。
オープンウォーターダイバー・コース 受講料¥55,000-
指導団体PADIによるコースの詳細はPADIのオープンウォーターダイバー・コース紹介ページをご覧下さい。


ステップアッププログラム・コース

仲間と一緒にステップアップ! すでにライセンスをお持ちの方は、ステップアップ・プログラムへ
知識とテクニックを磨いて、スペシャルティ・ダイバーを目指しましょう!

○アドバンスドオープンウォーターダイバー・コース
○レスキューダイバー・コース
○ダイブマスター・コース(※プロダイバーへのコースです)


PADIアドバンスドオープンウォーターダイバー(AOW)・コース

PADIライセンスをステップアップ! ○オープンウォーターダイバーをお持ちなら、ぜひステップアップを!
○最短2泊3日で取得可能、ダイブ5本と簡単な学科講習でコース修了となります
○潜水可能深度が40mになります(OWDは18mまで)
○ライセンスをお持ちで無い方でもOWDと同時に連続受講・取得が可能です
○このライセンスがあれば主なポイントをダイブ可能となりますのでオススメです
アドバンスドオープンウォーターダイバー・コース 受講料¥45,000-
指導団体PADIによるコースの詳細はPADIのアドバンスドオープンウォーターダイバー・コース紹介ページをご覧下さい。


PADIエマージェンシーファーストレスポンス(EFR)・コース

エマージェンシーファーストレスポンス ○レスキューダイバーを取得するのに必要な陸上でのコースです
○日常における緊急時の一次ケア・二次ケアを学びます
○ダイビングと無縁の一般の方でも受講・取得が可能です
○学科と実技講習を経て、1日で取得可能です
EFRコース 受講料¥15,000-
指導団体PADIによるコースの詳細はPADIエマージェンシーファーストレスポンス・コース紹介ページをご覧下さい。


PADIレスキューダイバー・コース

緊急時に頼れるダイバーに! ○アドバンスドオープンウォーターダイバーからのステップアップコースです
○プロダイバーを目指す方には必須の資格です
○ダイビングに関連した緊急対応・救命に対する知識と技術が習得できます
○タンク5本程度のダイブを交えながら学科講習の後に試験を行い、最短2泊3日で取得可能です
 ※短期間で取得するには自宅での学科の予習が重要です
○頼れるダイバーとなる為に、アマチュアダイバーにはお勧めのコースです
 ※レスキューダイバー取得には上記EFRコース受講が必須となります
レスキューダイバー・コース 受講料¥50,000-
指導団体PADIによるコースの詳細はPADIレスキューダイバー・コース紹介ページをご覧下さい。


PADIダイブマスター・コース

プロダイバーへの第一歩を踏み出しましょう ○PADIが認定するプロ・ダイバーのライセンスを取得するコースです
○将来的にプロのインストラクターとして活動したい方に不可欠なステップです
○奄美大島に長期滞在し、実戦的なダイビングを経験しながらプロを目指しませんか?
 ※ダイブマスター・コースは経験本数により取得日数・受講料が変動します
○60ダイブの経験が認定時に必要です
現在お持ちのライセンスタンク本数受講日数基本受講料
レスキューダイバー15本〜10日〜¥130,000-
アドバンスドオープンウォーターダイバー18本〜12日〜¥180,000-
オープンウォーターダイバー23本〜15日〜¥225,000-
ノンダイバー(ライセンス無し)60本〜30日〜¥450,000-
上記受講料には教材・指導料・基本タンク本数が含まれますが、講習期間や習熟度により上下します
またPADIへのダイブマスター登録申請料・インストラクターマニュアル代は別途必要となります

本気でプロを目指す方なら、まだライセンスをお持ちで無い方でも大歓迎です
★ティーダを手伝いながらコースを進めたい方
★コース終了後にティーダでプロとしての経験を積みたい方
お気軽にご相談下さい!!

滞在中の宿泊についてはティーダでご紹介致します(素泊まり 自炊可 など)
受講料、宿泊費、器材購入費等の出費を抑えたい方は、まずはご相談下さい
ダイビング器材購入についても格安(半額以下も可能)でお見積もり致します
ティーダはプロを目指す、元気で明るい人を応援します
指導団体PADIによるコースの詳細はPADIのダイブマスター・コース紹介ページをご覧下さい。
pagetop
Copyright©Diving-Service TEEDA All Rights Reserved.